2009年02月02日

北京の英雄フェルプスも大麻?

北京オリンピックの水泳で8冠を達成したフェルプスが薬物吸引を謝罪したんだって。

>1日付の英大衆紙ニューズ・オブ・ザ・ワールドは、北京五輪の競泳男子で前人未到の1大会8冠を達成したマイケル・フェルプス(23)=米国=が大麻の一種であるカナビスを吸引しているとみられる姿をとらえた写真を掲載した。

>これに対し、フェルプスは同日、米国オリンピック委員会(USOC)の公式サイトで、「悔やまれる、誤った判断の行為をした」とする声明を発表。写真が自身であることと間違った行動を取ったことを認めた。実際に吸引したかには明確に触れていないものの、「今回の件について謝罪したい。そして、ファンや人々に二度としないことを約束する」と謝罪した。

うーん。

日本の大相撲だけでなく、海の向こうでも問題になってますねえ。

カナビスっていわゆるドーピングにあたる薬物らしい。

ひょっとすると、金メダル剥奪の可能性もあるかなあ。


関連記事:

フェルプス、「薬物吸引」謝罪=英大衆紙が写真掲載−北京8冠の競泳スター

posted by ちゅん at 22:55| 水泳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。